AKB48海外初の姉妹グループ「JKT48」をジャカルタで立ち上げるんだそうで

 国内頭打ちになりつつあるアイドルグループが、海外で最後のひと稼ぎを狙うのは良くある話。あと、キャラの記号化云々じゃないが、ある程度ブランドができたらコンテンツのフォーマットをばら撒いて、アライアンス先からの「ピンはねビジネス」展開ってのも良くある話。だから、秋元やそのスポンサーの◎社連中がやっているビジネスは、決して目新しいことでもなければ、オカシイことでもない。

 それは分かっていてなお、神楽がAKB商法に対する嫌悪感を拭えないのは、ビジネス構成員の上下を問わず漂ってくる、サービスの中身のスカスカハリボテ臭と反◎臭と腐臭に我慢がならないからなんだろうな。まあ、今回はフォーマットビジネスのアライアンスとして、インドネシアの「アレ筋」からオファーが来た話だし、トラブルが起きても半分は向こうのせいだ。それを向こうが認めるかどうかは別として。

 と言っても、握手券商法をはじめとする違法スレスレビジネスを展開して、現地で騒ぎを起こすのだけは止めて欲しいもんだけどね。ぶっちゃけ、日本の恥だし。出来るとは思えんが、コンテンツの輸出をする以上はクオリティ管理を万全に。日本と違って、海外はこの手のトラブルにゃ厳しいぞ、と。もっとも、現地で失敗して今の馬鹿騒ぎが一日でも早く終了してくれるのなら、それに越したことも無いけどな。そうなれば、個人的にはむしろウェルカムな流れと言うべきか。

ジャカルタにもAKB…初の海外姉妹グループ

 アイドルグループ「AKB48」の初の海外姉妹グループ「JKT48」が2011年末に誕生する。

 AKB48の運営会社が11日、発表した。インドネシアのジャカルタを拠点とし、名前はその地名から。同国在住の13~18歳までの女性を対象に16日までオーディション参加者を募り、10月上旬にメンバーを決め、年末のデビューを目指す。

 アジアでのAKB48人気の高まりが背景になっているといい、運営会社では「ほかの地域でも海外展開をより一層加速させたい」としている。

 姉妹グループは、名古屋の「SKE48」、大阪の「NMB48」、福岡の「HKT48」、20歳以上の女性で作る「SDN48」に続く5組目。

(9月11日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です