5月の自殺増は人気女性タレントの自殺を巡る「報道」に影響されたため

 といった具合に、朝日新聞その他のメディアはタイトルを付けるべきだ>当該記事。ウェルテル効果による自殺増の責任は、自殺者当人にではなく、その自殺記事を自殺予備軍にばら撒くメディアにこそあるんだからさ。

 そこの事情にホッカムリして、人気女性タレント=上原美優女史に責任をおっかぶせるかのようなタイトル付けは、正直どうかと思うんだぜ。責任ある立場の在り様として。

自殺者急増、人気女性タレントの影響? 内閣府参与報告

 今年5月に自殺者が急増したのは、女性タレントの自殺の影響だった――。清水康之内閣府参与(NPO自殺対策支援センター・ライフリンク代表)が4日、内閣府の自殺対策会議でそう報告した。

 減少傾向にあった月別自殺者数が5月、前年比19.7%増と急伸したため、当時の担当大臣だった蓮舫氏が東日本大震災との関連を含めて内閣府に分析を指示していた。

 その結果、今年初めからの自殺者数は1日平均82人だったが、人気女性タレントの自殺が報じられた翌日の5月13日から1週間は1日平均124人に増えたことが判明。増加分の半数以上を20~30代が占め、女性の伸び率が高かった。清水氏は原因として「女性タレントの自殺と関連報道が考えられる。政府としてはメディア各社にガイドラインの策定を呼びかけるべきだ」と指摘した。

(7月4日 Asahi.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です