2012年夏の新番組について・2

 先週に続いて、2012年夏の新番組への期待度チェック。ちなみに今週放送開始分(やっと観終わった(^^;)で、面白かったのは、「TARI TARI」「人類は衰退しました」「トータル・イクリプス」「ゆるゆり♪♪」「貧乏神が!」「アルカナ・ファミリア」「じょしらく」。個人的に半分納得済み半分意外さ半分。以下、今クール残りの作品について。

 

  • 探検ドリランド@TX:ぶっちゃけどうでもいい。ほんとにどうでもいい。期待度★。
  • ソードアート・オンライン@テレ玉:スタッフ&キャスト&制作会社&主題歌そろって卒無し高レベル。電撃文庫の力の入れ方も半端無い。なのに、全部が揃い過ぎると、逆に地味に見えてしまうのは何故なんだぜ?。ともあれ、面白そうな作品なので、期待度★★★★。
  • ココロコネクト@MX:大沼心テイストと志茂文彦の味とSILVER LINK.のクセが化学反応起こしたら、結構化けるんじゃね?と期待している本作。とりあえず、期待度★★★☆。だけど上方修正の余地大いにあり。
  • 境界線上のホライゾンII@BS11:とりあえず、初見の方は第1期で予習してからじゃないと着いていけないと思う。特に人間関係(笑)。そこだけクリアして、ゆっくり展開についていける根性があれば楽しめる作品。個人的には好き。期待度★★★☆。
  • DOG DAYS’@MX:第1期は、その90年代スメル&「リリカルなのは」フレーバーに身もだえしながら観ていましたんで、なんのかんのと期待していたんですが、草川啓造監督がこっちから「カンピオーネ!」に移ったのがちょっと残念。「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s」関連の異動なのかね?。西村純二監督も嫌いじゃないから、とりあえず期待度★★★。ときに、水樹奈々女史は、こっちと「A’s」のどっちの主題歌で紅白目指すつもりだろう?。
  • 織田信奈の野望@TX:熊澤祐嗣と鈴木雅詞のタッグ。このプロジェクト関係者の偉い人に、作品に対する悪意があるとしか思えないこの布陣。酷過ぎる。期待度★☆。
  • 薄桜鬼 黎明録@BS11:過去2期をもとに一言で言えばイイ作品。でも、肝心なところで見逃し続けたりで、なんでだかご縁が薄いんだよなあ。期待度★★★。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です