<下着露出>アキバ路上で撮影会開いた女逮捕

 「このエントリー」でも触れましたが、最近の秋葉原ホコ天の公序良俗の乱れの象徴であった露出狂女、「自称」セクシーアイドル:沢本あすか女史(30←!?Σ (゚Д゚;))がついにお縄。

 ネット上では今回の逮捕を「表現の自由に対する規制強化に繋がる→ゆえに反対!」という意見も上がっているようですが、表現の自由は他のグラビアアイドルの撮影会のように、相応のTPO(例:スタジオor特定会場内)に沿った形で行使すればいい話だけですから。TPOを弁えない性犯罪行為を摘発しない方が社会にとっては害悪なわけですから。言うまでもないことですけど。

 今回の露出狂女サンに群がったカメラ小僧や変態共々そこらへんの良識を弁えていない輩サン達inホコ天は、その違いをキッチリ理解して、いつもの基本動作に反映しておくことですね。ぶっちゃけ「迷惑なんだよ、あんたら」。同じヲタからしても。

 東京・秋葉原の路上で撮影会と称して下着を見せたりしたとして、警視庁万世橋署は25日、東京都内に住む自称、沢本あすか容疑者(30)を都迷惑防止条例違反容疑で逮捕した。

 調べでは、沢本容疑者は20日午後、千代田区外神田4の路上で、下着を露出させるなど卑わいな行為をした疑い。容疑を否認しているという。

 本人が開設しているブログなどによると、沢本容疑者は自称セクシーアイドル。昨年夏ごろから「路上ライブ」と称し、秋葉原などで自身の撮影会を開催。過激なパフォーマンスがネット上で話題を呼び、JR秋葉原駅付近が歩行者天国となる日曜・祝日には、撮影目的の若者らが多数詰めかけていたという。住民から苦情や相談があり捜査を進めていた。【町田徳丈、武内亮】

(4月25日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です