麻生太郎副総理兼財務相が、終末期延命治療について「失言」 ~ 麻生氏は「自分がメディアに狙われている」という自覚がまだ足りない

 総選挙の時も、いきなり「安倍が高いカツカレー食べたぞ!」から攻めてきた連中じゃん。ネタがあれば何でも揚げ足取りにくるのは分かってはいた。だからさ、いい加減、麻生さんはもう少し自分の表現のクセに留意すべきだ。連中の喰らいついて来るポイントは、もう分かっているだろ?。

 まあ、今回の「延命治療」発言は、文脈をちゃんと読めば失言でもなんでもなくて、「延命治療自体を否定しているわけじゃない」ことは分かるんだが、きっと、そこら辺を有権者に曲解させるような報道をする偏向メディアは出てくるだろうな。そして、それに脊髄反射で踊らされるB層も一定数出てくるんだろう。

 もう慣れた事とは言え、人の世ってのは、同じことを繰り返さないと先に進まない。面倒なもんだよねえ。

延命治療「死にません、なかなか」=麻生副総理が発言、すぐに撤回

 麻生太郎副総理兼財務相は21日、首相官邸で開かれた社会保障制度改革国民会議で、終末期医療に関連し「チューブの人間だって、私は遺書を書いて『そういう必要はない。さっさと死ぬから』と手渡しているが、そういうことができないと死にませんもんね、なかなか」と述べた。延命治療の否定とも受け取られかねない発言で、麻生氏はこの後コメントを発表し、「適当でない面もあった」と撤回した。

 麻生氏は、同会議のメンバーである有識者が年金や医療に関する考えを述べた後、発言したもので「いいかげんに死にたいと思っても生きられる。しかも、政府のお金で(終末期医療を)やってもらうのは、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしないと」とも語った。

 発言を受け、菅義偉官房長官は麻生氏から電話で真意を確認。記者会見で「個人の人生観を述べたということだ」と述べ、問題ないとの認識を示した。 

(1月21日 時事通信)

 今自分自身がその渦中にあるんで、そこら辺実感しているんだけど、「人は生き終えたら、死ぬんだよ」。ただ、それだけだ。死因や年齢、遺産、名声、死後の影響その他…それらは全て、死者を処理する第三者にとって必要な付属データに過ぎない。

 ここで「忙しい人の為のプリキュア歴代ラスト戦闘シーン集」を紹介。


D

ちなみに、自分はまだ自発的に死ぬつもりはないけどね。やり残した仕事が結構あるし、何と言っても、今冬クールのアニメは豊作だもん。とりあえず「琴浦さん」「キューティクル探偵因幡」「たまこまーけっと」「ビビッドレッド・オペレーション」「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」、「gdgd妖精s」をはじめとしたショートアニメ群を視聴完遂するまでは死ねねーな!。最後に「まおゆう魔王勇者」は、イチャイチャはもういいからそろそろ政治経済やれ。…飢えてるんだ、飢えてるんだよぉ。「狼と香辛料」フリークだったおいらは、この手の話に飢えてるんだよぉ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です