鉄板過ぎて予想する気すら起きなかった大阪ダブル選挙な件について

 昨日のエントリーでも書いたように、今回の大阪府知事/大阪市長ダブル選挙は、橋下徹候補ついでに大阪維新の会が、郵政選挙の時の小泉元総理のように「改革勢力vs抵抗勢力」を演出し、期待値先行な浮動票を取り込んだ時点で勝負はついている。この結果には、チリ一つ分も驚く要素は無い。

 更に言えば、「抵抗勢力」がメディアを使ってor「改革勢力」が自作自演で橋下候補のスキャンダルを騒ぎ立てたことで、「抵抗勢力=正攻法で勝負できぬ卑怯者=頼る&信ずるに足りぬ輩」のレッテル貼りが完了。この時点で平松/倉田支持派にとって、今回の選挙戦は無理ゲーになっていた。

 そんな状況下で、平松/倉田候補に勝ち目があると考えた奴がいたとしたら、政治信条はともかく、選挙の予想能力と言う点では無能に近い。そんな阿呆が日本にどれだけいたかは知らんけど。

<大阪ダブル選>市長選で橋下氏、知事選で松井氏が当選確実

 大阪府知事・大阪市長のダブル選は27日投開票され、市長選は大阪維新の会代表で前知事、橋下徹氏(42)が、現職の平松邦夫氏(63)=民主府連支援、自民府連支持=を破り、初当選することが確実な情勢になった。知事選でも大阪維新の会幹事長、松井一郎氏(47)が、前同府池田市長、倉田薫氏(63)=同=と弁護士、梅田章二氏(61)=共産推薦=ら6人を破って初当選することが確実な情勢になった。

 毎日新聞の開票所での出口調査と取材網の情報などを総合した結果、橋下氏が平松氏を上回り、松井氏が他氏を大きく引き離したと判断した。

(11月27日 毎日新聞)

 無論、今回の結果特に大阪都構想が「大阪を幸せにする」なんてことは、欠片も思っちゃいない。大阪府/大阪市関連利権の所在とベクトルが、ほんのちょっと変わるだけの事だ。ただ、その結果として、ナニワの停滞に少しでも改善が見られるのであれば、その位のグダグダは見逃してやってもいいのではないかと、最近思ったりします。綺麗事に縛られて何もできない常識人よりは、ナンボかマシだろうと。

 まあ、個人的には、平松/倉田候補を推していた勢力のうち左巻き連中が今回の結果に苦虫噛み潰してくれれば、それだけで心情的に7割方満足な訳ですが。

 ここで「【けいおん!MAD】カワユーイビバップ【平沢唯誕生日記念】」を紹介。


D

こういうイベントは心がホンワカして良いですのう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です