都知事選狂想曲 ~ 自分たちを批判し続けてきた他党党首の舛添氏に出馬をお願いするとか、民主党は政権与党としての矜持を何処に忘れてきた?

 答:もとから、矜持なんて上等なものは持ち合わせておりません。

 しかし、よりにもよって他党の党首を担ごうとするなんて、民主党の人材不足は冗談抜きでマジ深刻なのな。来年以降、「責任ある野党」なんてお仕事、本当にやっていけるの?。このザマで。

民主都連、舛添氏に都知事選出馬打診=回答を保留

 石原慎太郎前知事の辞職に伴う東京都知事選(29日告示、12月16日投開票)で、民主党東京都連が新党改革の舛添要一代表(63)に出馬を打診していることが10日、分かった。舛添氏は回答を保留している。同氏が週明けまでに出馬を受け入れた場合は、13日の都連常任幹事会で、支援を正式決定する予定。

 民主党関係者によると、舛添氏を支援する場合でも、党本部の推薦は出さない方針。都連や都議団レベルの支援にとどめて政党色を薄めることで、幅広い支持獲得につなげたい考えだ。

 同党は都知事選で独自候補の擁立を目指しているが、調整が難航している。安住淳幹事長代行は10日午前、横浜市内で記者団に「正式な手続きを経て打診したということはない」と語った。 

(11月10日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です