超小型車認定制度はコンパクトEV普及の追い風になるか?な件について

 EVベンチャーもそうだけど、トヨタその他の既存大手の意見も聞きたいよな。

1~2人乗り「超小型車」、普及へ国が認定制度

 政府は、軽自動車より小さい1~2人乗りの「超小型車」の普及に乗り出す。

 主に高齢者が近場を移動する「足」としての利用を想定している。年度内に認定制度を作り、道路運送車両法が定める「普通自動車」や「軽自動車」など五つの区分に、「超小型車」を加えて6区分にする方向で検討する。新たな区分ができれば、1963年以来、半世紀ぶりとなる。

 政府は超小型車を第1種原動機付き自転車(原付きバイクなど)と軽自動車の中間の車両として位置付ける方針だ。

 地方を中心に、人口減を背景に路線バスなどが減る地域が多い中、高齢者でも手軽に運転できる超小型車の普及に取り組むことにした。

 政府は自動車メーカーや自治体向けに超小型車の仕様を示す指針をまとめ、来月にも公表する。その上で設ける認定制度に基づき一定の基準を満たせば、自治体が観光客に周遊に使ってもらう車などとして公道を走れるようにする。その後、課税のあり方などを整備したうえで、メーカーに量産を促して普及を図る。

(5月27日 読売新聞)

 超小型車が制度的にも売れやすくなれば、今ヤマダ電機がやってるみたいに、家電量販店でのEV取扱数が増えるかもしれないしな。そういや、一昨日までパシフィコ横浜でやってた自動車技術の展示会で、「本日最終日でございます!」と連呼していたメーカー社員(派遣マネキン?)がいたけど、チミは普段量販店で販売員でもやってるのか?と思った。きっと彼には、新時代量販店で働ける適性があるのだろうなと、ちょっと羨ましく思ってみたり(笑)。

 ここで「【MAD】アイドルマスター【未完成交響曲】」を紹介。


D

深刻なコメ不足。信頼のマイリス率。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です