菅政権は次の3点で下手を打たなきゃ3か月以上もつ件について

 もって欲しいとは、欠片も思わないけど。

 つっても、いくら菅政権=選挙管理内閣だからって、もたない方がおかしいんだけどね。本来、今の国会勢力で。郵政がらみ+αで米国に対抗するためとは言え、政権交代やり続けたどこぞの3人も含めて。

  • 1.「壊し屋」小沢一郎一派への対応(参院選の結果次第じゃ、連中の工作で9月の次期代表選までに民主党は割れるね)
  • 2.菅総理自身の能力不足や人格面の問題対応(イラ菅の「経済オンチ、過度の身内びいき、官僚嫌い、短気&頑固&狭量&煽り耐性の欠如」については、いいかげんシツケし直してやれよ>側近連中特に荒井聡氏)
  • 3.衆院議席2/3確保の戦略(与党現有議席313では、参院選敗退後の「ねじれ国会」運営で法案を可決する点に必要な衆院の2/3に7議席足りない。この足りない分をどこの政党との連立で乗り切るかが重要…だけど、静香ちゃんや反菅一派はどこと組もうとしても文句言うんだぜ。きっと)

 現実的には、1や3が問題ですかねえ。本質論的には2が一番致命的だけど。

「菅首相」誕生へ=民主代表に選出、樽床氏に大差―仙谷幹事長、枝野官房長官ら浮上

 民主党は4日午前、国会内で両院議員総会を開き、鳩山由紀夫首相の後継を決める党代表選を行った。菅直人副総理兼財務相(63)が樽床伸二衆院環境委員長(50)を大差で破り、新代表に選出された。菅氏は午後の衆参両院本会議で、第94代首相に指名される。組閣は先送りし、首相任命式と閣僚の認証式は8日になる見通し。

 菅氏は閣僚・党役員人事に着手。小沢一郎幹事長に近い議員は主要ポストに起用しない考えとみられる。小沢氏の後任には仙谷由人国家戦略担当相の名が挙がり、官房長官には枝野幸男行政刷新担当相や荒井聡首相補佐官らが浮上。仙谷氏と枝野氏が入れ替わるとの見方もある。菅氏後任の財務相には、野田佳彦財務副大臣の昇格が取りざたされている。

 また、菅氏は4日午後、国会内で国民新党の亀井静香代表と会談し、両党による連立政権の継続を確認した。新内閣は夜にも発足させる方向で調整していたが、民主党の山岡賢次国対委員長は記者団に「4日は首相指名だけだ。組閣はない」と明言した。

 菅氏の任期は、鳩山氏の残任期間である今年9月末まで。菅氏は代表選出後、「ノーサイド宣言をしたい。目の前に迫っている参院選に一致結束して戦い抜く」と述べ、参院選に全力を挙げる方針を強調した。

 両院議員総会では、菅、樽床両氏が政権演説を行った後、党所属国会議員(423人)が無記名で投票。投票結果は菅氏291票、樽床氏129票、無効2票で、1人が棄権した。 

(6月4日 時事通信)

 それにしても、今回の騒動に際しても相変わらず影が薄いよなあ>自民党&谷垣執行部。

 ここで「【 スナック初音】二人でお酒を【MikuMikuDance】」を紹介。


D

うらみっこなしで別れられたとは思えない社民党が何をやらかすかも、ちょっとだけ気になるところかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です