若い女性からのビンタなんてむしろご褒美です!な件について

f:id:kagura-may:20100707231842j:image

 女性のビンタは、頬ではなく心で受け止めるものと心得ます!。どうせなら、↑のタイプの先生のビンタを希望ですけどね!(まあ待て>自分)。

 本件に関しては、記事を読む限り、この女性教師自身に問題があるかどうかは微妙だし、ぶっちゃけ生徒や保護者の行動に「より」疑問を感じるんですが…まあ、現場を知らない身とすれば、ロジックだけで正邪を判断するのは少し難しい事件ではありますな。

20歳代女性教諭、胸ぐらつかみ平手打ち

 兵庫県赤穂市塩屋の市立赤穂西中(高本登校長)で20歳代の女性教諭が5、6月、男子生徒の胸ぐらをつかみ、顔を平手打ちするなど計4回の体罰を繰り返していたことが同校への取材でわかった。

 いずれも生徒にけがはなかったが、県教委が処分を検討している。

 同校の説明によると、女性教諭は6月8日午後3時10分頃、担任を務める学級のホームルームで、話を聞いていなかったとして男子生徒を注意。男子生徒が黙り込んだため、胸ぐらをつかみ、平手でほおを2回たたいたという。

 女性教諭は同日、男子生徒や保護者に謝罪したが、学校が事実を把握したのは2日後で、別の保護者からの市教委への通報でわかったという。

 女性教諭は5月中旬にも校内に菓子を持ち込んだり、顧問を務める部活で指導に従わなかったりした1年の生徒3人に平手打ちをしたことを認めている。

 女性教諭は「非を認めない子どもの心を変えなければと思い、手が出てしまった。申し訳ないことをした」と話しているといい、高本校長は「問題が起きれば生徒宅を訪問する熱心な教諭だっただけに残念。いきすぎた指導がないようこれから徹底したい」と話している。

(7月7日 読売新聞)

 とりあえず、女性教師からビンタ喰らった生徒にも実際いくばくかの非があるとして、彼女が非難の矢面に立たされているにもかかわらず、生徒連中には一切お咎め無しなんてバカなことになったら、市立赤穂西中と兵庫県教委はオカシイですね。それとも、生徒とその親、チクリをやった別の保護者とやらに「●●的に厄介な連中」が混ざっているとか?(今回のマスコミへのリークも含めて)。それなら納得。尊敬なんぞ毛の先程もしてやらんけど。

 ここで「【MikuMikuDance】Thriller【MMD】」を紹介。


D

「けいおん!!」の新OP「Utauyo!! MIRACLE」とED「NO, Thank You」。曲としてはEDの方が好みだけど、OPはほのかに「高校生活ラストスパート!」スメルがして、思わずしんみり。今夜半のW杯準決勝もスペインとドイツ、どちらかが消えると考えるとしんみり。実力のスペイン、勢いのドイツ。僅差でスペイン勝利かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です