良いものは良いと認めたい件について

 確かに、金妍児選手の228.56点という点数は高すぎる…と感じないわけではありません。しかし、公平に見て、今日一番美しいスケーティングを魅せていたのは、彼女だったと思います。ネットの一部ではナショナリズム丸出しで彼女に対する誹謗中傷が飛び交っていますが、特アに対する警戒感の強い神楽でも、さすがにアレに与する気にはなれないですね。

 技術では浅田真央選手、肉体美では安藤美姫選手、表現力では鈴木明子選手が上だったかもしれません。しかし、強く完璧だったのは、間違いなく金妍児選手。彼女の金メダルには違和感全くナッシングです。故に、賞賛の想いを込めて申し上げます。「優勝おめでとう!金選手」

浅田が銀メダル、優勝は金妍児=安藤5位、鈴木も8位入賞-フィギュア女子・五輪

 【バンクーバー時事】バンクーバー冬季五輪第14日の25日(日本時間26日)、フィギュアスケート女子はフリーを行い、浅田真央(19)=中京大=が合計205.50点で2位となり、銀メダルを獲得した。フィギュアスケート女子での日本のメダル獲得は、1992年アルベールビル大会で銀の伊藤みどり、前回トリノ大会で金の荒川静香に次いで3人目。今大会の日本の獲得メダルは銀2、銅2の計4個となった。

 ショートプログラム(SP)で浅田をリードした金妍児(キム・ヨナ、韓国)がフリーでも1位となり、世界歴代最高の228.56点で快勝。韓国にフィギュアスケート初の金メダルをもたらした。安藤美姫(トヨタ自動車)はSPから順位を一つ落とし、188.86点で5位。鈴木明子(邦和スポーツランド)も181.44点で8位に入賞した。

 ノルディックスキー複合個人ラージヒルの日本勢は渡部暁斗(早大)が9位に入った。湊祐介が26位、小林範仁(ともに東京美装)は27位、加藤大平(サッポロノルディックク)は30位。ビル・デモングが前半飛躍の6位から逆転し、米国に五輪の複合で初の金メダルをもたらした。

 同距離女子20キロリレーの日本(夏見円、石田正子、福田修子、柏原理子)は57分40秒4で9位だった。ノルウェーが快勝し、26年ぶりの優勝。最終走者のマリット・ビョルゲンは今大会3個目の金メダルを獲得した。 

(2月26日 時事通信)

 敢えて、結果とは別に若干身内びいきな事を言わせてもらえれば、「技のレベルよりも全体としての完成度を重視する」米国型の審判が幅を利かせていたバンクーバー五輪のフィギュア競技においてなお、自分の演技スタイルを貫き通した浅田選手の意地は素晴らしかった。銀メダルという結果以上に、その心意気に対して拍手を贈りたいと思います。今回魅せたその意地は、きっと4年後のソチに繋がるでしょう。

 加えて、トリノのリベンジを果たした安藤選手、病からの復活を遂げた鈴木選手も見事でした。今日の3人をはじめ、男女6人全員が入賞という快挙を成し遂げたフィギュア日本代表。彼ら彼女らの凱旋を心待ちにしたいと思います。

 ここで「はなまる幼稚園 第7話ED(HD)」を紹介。


D

本作の入れ替わりEDは毎話楽しみですが、7話のコレが今のところ一番好みかも。作品世界云々とかというのは別にして(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です