自衛隊の「宇宙利用可能」、自民・宇宙基本法案が明記

 宇宙の防衛目的利用に道を開く自民党の「宇宙基本法案(仮称)」の概要が31日、明らかになった。

 宇宙の利用範囲を「国連宇宙条約が定める平和目的利用」と明記し、現状では制限されている偵察衛星や、ミサイル発射を検知する早期警戒衛星の打ち上げなど自衛隊の宇宙進出を可能とする内容。首相をトップとする宇宙開発戦略本部の新設を盛り込む。

 今後、公明党の合意も得て、与党案として次期通常国会に提出する。

 概要は、総則で「世界の急激な変化への対応」「研究開発中心の宇宙開発の見直し」をうたい、「宇宙」を防衛目的のほか、産業、外交、防災・災害復興などに幅広く利用すべき空間と位置づけている。

(読売新聞) – 5月31日

 与党の本音が何処にあるかはとりあえずおいといて、一アニヲタと致しましては、これを機にコッソリこういうものを作って欲しいですな!。

  • 各種人型機動兵器(RB-79もどきな作業ポッドで)
  • 各種宇宙艦艇(「艦種・輸送艦」な「木馬」レベルで)
  • 反射衛星砲な通信衛星(ネオアトランティス様式で)
  • マスドライバー(本当の目的は「月は無慈悲な夜の女王」で)

ふしぎの海のナディア DVD-BOX

ふしぎの海のナディア DVD-BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です