自民・二階氏 暫定税率の維持アピール

f:id:kagura-may:20080211154413j:image

 揮発油税という既得権益は中央&道路族周辺から手放さない一方、「道路整備は地方のため」ですか、そうですか。コスト対効果の検証云々以前に、自分達のその姿勢が万人の疑惑を招いているってことを、二階氏だけじゃなく古賀氏はじめ道路族や国交省連中はもう少し自覚した方が良いな。

 

 ところで和歌山の人たちは、紀伊半島一周高速道路なんて本当に欲しいの?(現状じゃ単に「通過」されるだけじゃん。ドライバーが和歌山に止まる必要なんてナッシング)。土建屋票狙いの二階一派が喉から手が出るほど欲しいのは、よく分かるけどさ。 

 自民党の二階俊博総務会長は10日、日本で唯一の「飛び地」の自治体である地元・和歌山県北山村を訪れ、民主党が揮発油(ガソリン)税の暫定税率廃止を目指していることを念頭に、「どこかの政党の幹部が地方を大事にすると言いながら、地方の道路はいらないと大きな声で言っているが、余計なお世話だ」と述べ、道路整備の必要性をアピールした。

 二階氏は、同村が主催した「暫定税率の維持を求める緊急住民集会」に出席。人口の3分の1以上に当たる約180人の村民を前に「道路特定財源として道路に使うと約束している。道路は命の道だ」と述べ、暫定税率維持を含む歳入関連法案(日切れ法案)の年度内成立の重要性を強調した。

 二階氏に対しては、民主党の菅直人代表代行が「いかにも道路利権を手放さないという顔をしている」と指摘し、自民党も訴訟をちらつかせるなど対立色が深まっている。菅氏は1月に「ムダな橋」の視察として自民党の古賀誠選対委員長の地元・福岡県を訪れたのに続き、今月中旬は「第2弾」として和歌山県の訪問を検討。二階氏は「都会の心ない人たちの揶揄(やゆ)や意見に耳を傾ける必要はない。理不尽な議論に屈服するつもりはない」となりふり構わず菅氏を非難し、両者の対決はますますヒートアップしそうだ。

(2月11日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です