経団連の米倉弘昌会長が自民党の安倍晋三総裁に謝罪 ~ 米倉が頭を下げた=経済界にとっての総選挙が事実上終結した瞬間である

 そして、財界が「次期政権」第二次安倍内閣&自公政権に膝を屈した瞬間でもある。あとは持ちつ持たれつ、現実的に付き合っていけば良い。それで誰も不幸にはならないのだから。

経団連会長、安倍氏に謝罪 「全面的に経済政策を支持」

 「全面的に安倍総裁の経済対策を支持している」

 自民党の安倍晋三総裁の経済政策を批判していた経団連の米倉弘昌会長が12日、一転して安倍氏に電話で支持を伝えた。衆院選で優勢とされる自民党に財界トップが異例の「おわび」を入れた形だ。安倍氏が記者団に明かした。

 米倉氏は10日の記者会見で、安倍氏がテレビ番組で消費増税に慎重と受け取れる姿勢を示したことに「自民党総裁としては、ふさわしい発言だったのか」と批判していた。安倍氏によると、米倉氏は電話で「真意は批判ではない。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。安倍氏は「選挙中でもあり、慎重にご発言いただきたい」と応じたという。

 米倉氏は11月26日にも安倍氏の金融緩和策を「無鉄砲」と批判。安倍氏は翌日、経団連幹部が謝罪したことを明かし、「間違った認識は正しておく必要がある」と語っていた。

(12月13日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です