精確な計測ができないのはそれはそれで危なくね?な件について

 「温度計が正常値を示している裏で、破滅が進んでいる」ってこともありうるわけだし。本当に「冷温停止」で突っ張ってていいのかね?。突っ張るしかないんだろうけどさ。政府のお歴々は。

<福島第1原発>「温度計故障と断定」 一時400度超

 東京電力福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部の温度計が上昇している問題で、東電は13日、「温度計の故障とほぼ断定した」と発表した。東電は「格納容器の中は多湿なため、時間がたつことで温度計につながる回線の切断や絶縁不良などを起こしたのではないか」と分析している。

 問題の温度計は1月末から徐々に上昇傾向を示し、12日午後には保安規定で定めた規制値の80度を超えたため、東電は経済産業省原子力安全・保安院に報告するとともに、地元自治体に状況を説明した。温度計はその後も上がり、13日午後2時に91.3度を表示。温度計が正しく機能しているか確かめるための検査直後の同3時過ぎには計測限度の400度を超す値に急上昇。その後、夕方に275度前後となるなど、大きく変動した。

 同じ高さにある残り二つの温度計は35度前後を示し、さらに低下傾向にある。核分裂で生じるキセノン135は検出限界未満なため、核分裂が連続する臨界は起こっていないと説明している。しかし、残る温度計も今回と同様に故障した場合、原子炉内の状態を把握するのは極めて困難で、深刻な事態となる。

 記者会見した松本純一原子力・立地本部長代理は「今後データをさかのぼってどの時点で計器不良を起こしたのか確認し、評価をまとめて保安院に説明したい」と話した。

 検査直後に温度表示が急上昇したことについて保安院の担当者は「検査は非常に低い電圧や電流で行う。温度計が正常なら、検査が原因で故障することはない」と説明した。【神保圭作、関東晋慈】

(2月12日 毎日新聞)

 「野田政権と福島第1原発2号機。どっちが先に吹き飛ぶか」なんて、マジでジョークにもなりゃしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です