立浪一門涙目な件について

 一時期は貴乃花親方と共同歩調を取ろうとしていた立浪一門。それが結果として「票割れ」につながり、こともあろうに同一門の大島親方が落選なんてオチになろうとは、この海のリハクの目を(以下略)。

貴乃花親方が10票獲得、相撲協会理事選で当選

 日本相撲協会の任期満了に伴う役員改選が1日、東京・両国国技館で行われ、注目の貴乃花親方が10票を獲得し当選した。大島親方が得票数8で落選した。理事選は、定員10人(外部理事を除く)に対し、11人が立候補。武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)ら現職7人と貴乃花親方を含む新人3人が当選した。

 「改革」を標榜する貴乃花親方は二所ノ関一門の総意に反して強行出馬。自ら一門を離脱した同親方を支持する6人の親方も事実上、破門された。親方ら111人の評議員が投票。貴乃花親方の持ち票は、自身と6人を合わせた7票。当選の目安とされる10票に向け、どれだけ上乗せできるか注目されていた。

 近年の力士の暴行死事件、朝青龍の暴行問題など角界の規律が大きく揺らぐ中、4期8年ぶりに投票となった理事選は、報道陣に公開される形で行われた。投票会場となった東京・両国国技館内の大広間では、1日朝から人数分の机が並べられ、立候補者の一覧表が張られた。国技館の周辺では、テレビ局の中継車や多数のテレビカメラが待ち受けるなど、いつもと違った雰囲気に包まれた。

 理事選後、同協会は当選した10人と外部理事2人を加えた新理事会を開き、互選により次期理事長を選ぶ。

(2月1日 産経新聞)

 大島親方は現職理事の中では、まともな方の一人だったんだけどなあ…他に落とすべきなのがゴロゴロいるだろうに、なんだかなあ。とりあえず、貴乃花親方は大島親方の分も頑張ってくれや。

 ここで「聖痕のクェイサー (The Qwaser of Stigmata) OP」「れでぃ×ばと! Ladies versus Butlers! OP- LOVE×HEAVEN」を紹介。


D


D

今冬この2作はノーマークだったけど、いい意味で裏切られた感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です