社会保障・税一体改革関連法案通って民主党潰れるな件について

 裏でほくそ笑むは自民党と公明党。ザ・茶番。それにしても、もともとは消費税増税派だった小沢一郎が、政局のために増税反対に回るとは。なんとも皮肉な話(笑)。

法案反対57、欠席・棄権16…民主は分裂状態

 消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案は26日午後、衆院本会議で採決され、民主、自民、公明、国民新、たちあがれ日本の各党などの賛成多数で可決、参院に送付された。

 関連法案のうち、消費税法改正案の採決では、民主党から小沢一郎元代表グループを中心に57人の議員が反対票を投じ、16人が欠席・棄権した。野田首相が政治生命をかける重要法案で大量の造反が出たことで、民主党は分裂状態に陥った。

 関連法案は7月上旬に参院で審議入りし、7月下旬にも成立する公算だ。

 与党の勢力は国民新党を加え、292人。民主党から54人以上が離党すると、少数与党になり、内閣不信任決議案を単独では否決できないなど、政権運営は厳しくなる。このため、57人の反対票が出たことを、民主党執行部は深刻に受け止めている。ただ、小沢氏は新党結成を視野に入れているものの、反対票を投じながら離党を否定する小沢グループの議員もいる。党内では「直ちに政権運営が行き詰まるわけではない」との見方も出ている。

(6月26日 読売新聞)

 しかし、3年前の総選挙で民主党に投票した寸足らずのB層や、脊髄反射で噛みついてくる左巻きや売国奴に、眩暈を覚えながら冷笑を叩きつけさせて頂いていた神楽ですが、今となってみると彼らを笑えませんな。だって、民主党がここまで背骨レスな連中ばかりとは、私ですら思わなかったもん。そして自民党がここまで愚鈍化しているとも思わなかったもん。

 とりあえずアレだ。自民党は「本気で考える自民党ガンダム開発計画」とやらいう恥ずかしいネタはとっとと仕舞って、もう二度と表に出すな。二度と口にするな。

 ここで「援助交際してそうなアニメキャラ ランキング」を紹介。


D

援交と枕営業は似て異なるモノ。にしても、咲-Saki-勢圧倒的過ぎる(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。