疑惑

5日以降の衣食住を=保証なく「退去させないで」-厚労省に要望・派遣村

 昨日のエントリーでも述べましたが、どこまでが想定内で、どこからが想定外の事態なのかがよく分からないのが、今回の派遣村の「バンザイ」。

 その真実は神のみぞ知るですが、これだけは言えます。「言い出しっぺは最後まで責任を取るべきだ。イベントを始めたはいいけど、自分たちの手に余る規模と事態になったら速攻で行政にパスなんて、単に企画・構想力が欠けているか、最初からその悪意or目論見があるとしか思えんぞ」>「年越し派遣村」実行委員会。集められて、放り出されそうになり、行政との交渉材料に使われる「貧窮民(もはや元・派遣労働者だろうがただのホームレスだろうが関係無い)」こそ、いい面の皮です。

 そもそも、そこらの趣味or福祉型イベントでも、彼らより100倍上手く&周りに迷惑かけずにく数百人規模&長期イベントをまわせてますよ。開村式からメディアを呼び寄せてイベントを公的に認知させたり、政治家を呼び寄せて演説打たせたり、数百万円規模でカンパなんて集めたりしなくても。それが何故に、本件ではこの「混乱」?(それも適度にハンドリングが効いている)。1/5以降に予想される事態に対する責任も含め、本件の「活動」について、実行委員会はお得意の「総括」をすべきですな。従来のような自賛ではなく、本当の意味での。…でも、彼らは絶対こう言うんだろうな。「自分たちが動いたから、行政も動いた」って。見切り発車&事後押し付けの弊害については触れずに。

<ホームレス襲撃>捜査員、追跡男見失う 世田谷殺人直前に

 そんなに都合よく犯人を見失ったって本当?。まさかと思うけど、「鮮度の高い」物証を得るために被害者を見殺しにしたんじゃないよね?>警視庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です