男性性器写真ならレスリー・キーでも即逮捕ってなんか変な件について

 芸術とわいせつの線引きうやむやの段階、かつ被害者ナッシングの段階で即逮捕とか訳分からん。よっぽど、こないだの「児童ポルノ」河西智美写真集の方が悪質だろうに。向こうの関係者でお縄になった奴、まだ一人もいないよね?。変なの。

<わいせつ本販売容疑>シンガポール国籍の著名写真家ら逮捕

 男性器を露出したヌード写真集をイベントで販売したとして、警視庁は4日、シンガポール人の写真家、レスリー・キー容疑者(41)=東京都港区=やイベントを共同主催した広告会社社長の吉井仁実(ひろみ)容疑者(45)=武蔵野市=ら3人をわいせつ図画頒布容疑で逮捕した。レスリー容疑者は「吉井容疑者が許可したので売った」、吉井容疑者は「わいせつ性はない」といずれも否認している。

 レスリー容疑者は日本を中心としたアジアや米国で活動。公式ホームページなどによると、松任谷由実さんや浜崎あゆみさん、ビヨンセさんら有名歌手のCDジャケットや大手服飾メーカーの広告、人気ファッション誌などの撮影を手がけた。

 逮捕容疑は今月2日、港区六本木5のギャラリーで、男性器が写ったヌード写真集7冊(1冊6000円)を都内の30代と40代の男性2人に販売したとしている。多くのページで性器が露骨に写っていたほか、海外渡航が多く逃亡の危険があるとして逮捕に踏み切った。

(2月4日 毎日新聞)

 大島渚健在なれば、きっと惰弱な世論を大喝してくれたであろうに。今更ながら無念。市川團十郎も逝った。昭和の芸達者たちがどんどん消えていく。

 ここで「PRECURE GOES ON」を紹介。


D

色々言ったりするけど、私はプリキュアが大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です