猪瀬直樹@東京都知事が、2020年夏季五輪の競合相手都市を非難 ~ 「東京落選」の責任をおっかぶせる絶好のスケープゴートができたじゃないか。

 所詮、石原閣下から次の本命への繋ぎに過ぎんからな。猪瀬は。惜しくもなんとも無い。ましてトルコとの関係の重要性を考えれば、塵芥のような存在だ。せいぜい悲壮な葬送曲をBGMに流してやりながら、詰め腹を切らせてやれ。

 それはそれとして、首都高の耐震補強工事予算はちゃんと頂戴ね。五輪が来る来ないは関係なく>国の偉い人。

猪瀬都知事、他候補を批判=20年五輪招致への影響も―米紙

 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日付で、2020年夏季五輪招致を目指す東京の猪瀬直樹都知事が他の立候補都市を批判する趣旨の発言をしたと報じた。国際オリンピック委員会(IOC)は招致活動において、他の候補都市のイメージを損なう行為や発言を禁じており、知事の発言が五輪招致に影響を及ぼす可能性もある。

 同紙によると、猪瀬知事は「選手にとってどの都市で開催するのが最高か?  社会基盤や洗練された施設が整備されていない他の二つの国と(東京を)比べてください」と話した。また、「イスラム諸国が共有しているのはアラーの神だけで、彼らは互いに争っている。彼らの国には階級がある」とし、イスラム圏初の五輪開催を目指すイスタンブール(トルコ)を意識した発言をした。

 IOCは「翻訳(された記事)であるため知事の発言の真意は定かではないが、全ての立候補都市は招致活動における規則を思い出してほしい」との声明を出した。 

(4月29日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です