熊本・慈恵病院、「明日、ママがいない」@日テレの放送中止を申し入れ

赤ちゃんポストに預けられた過去を持つ子に「ポスト」のあだ名が付けられるなどし、同病院は「人権侵害ではないか」と問題視している

 日本テレビ総合広報部は、同作品について「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描く趣旨」と説明。「最後までご覧いただきたい」と第2回以降も予定通り放送を続ける意向だ

f:id:kagura-may:20140116232535j:image

「茶番じゃな」

 日テレがマトモに相手する気無いのに、慈恵病院が青筋立てて文句言っても、ドラマの宣伝に与するだけだよ。この手のバトルは、抗議慣れしている連中や世論を使って、スポンサーやBPOに圧力をかける方が効果的。

熊本・慈恵病院、連ドラ中止を要請=日テレは継続の方針

 15日に日本テレビ系で初回が放送された連続ドラマ「明日、ママがいない」について、熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)は16日、児童養護施設の子どもや職員への誤解と偏見を与える内容だとして、同局に放送中止を申し入れた。

 慈恵病院は親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置している。

 ドラマは児童養護施設が舞台。赤ちゃんポストに預けられた過去を持つ子に「ポスト」のあだ名が付けられるなどし、同病院は「人権侵害ではないか」と問題視している。

 日本テレビ総合広報部は、同作品について「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描く趣旨」と説明。「最後までご覧いただきたい」と第2回以降も予定通り放送を続ける意向だ。 

(1月16日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です