武部氏、造反組復党も 参院選支援条件に

 自民党の武部勤幹事長は10日の記者会見で、郵政民営化関連法案に反対して離党した衆院の「造反組」復党に関し「参院選に向けた振る舞いが大事で、党公認候補のために全力を尽くすなどの努力が必要だ」と述べ、来年夏の参院選での支援を条件に復党があり得るとの認識を示した。

 武部氏が造反組の復党の可能性に言及するのは初めてで、苦戦が予想される参院選への危機感の表れといえる。これに関連し自民党幹部は「選挙前の復党はない」と指摘、参院選前に復党させたい意向の党参院サイドとのさや当てもありそうだ。

(共同通信) – 7月10日

 このなりふり構わない醜態は、該当する選挙区で自民党を勝利させるだろうが、それに倍する選挙区で自民党の敗北を招くだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です