国政の偉いサンのクビを挿げ替えるだけでデフォルト回避できるなら苦労は無い ~ スリランカ

その一点じゃロシアも似たようなものだが、スリランカの場合、このままいくと国の経済を丸ごと中国に持っていかれるのがヤバい。超ヤバい。そのヤバい状況なのに正解ガラガラポン以外に策を打てないスリランカ政府、ウルトラヤバい。

スリランカ、大統領と首相の兄弟除く全閣僚ら辞任 経済危機の責任取るも市民反発(2022/4/5 TBS)

スリランカで4日までに、大統領と首相を除く全ての閣僚らが辞任しました。経済危機の責任を取った形ですが、市民の反発は収まっていません。

スリランカで3日と4日の2日間で、全閣僚26人と中央銀行の総裁が経済危機の責任を取る形で辞任しました。

スリランカ経済は中国からの巨額の借金で支配が強まる、いわゆる「債務のワナ」がのしかかり、市民は物価の高騰や生活必需品の不足、計画停電などに苦しんでいます。

ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領は、実の兄のマヒンダ首相とともに現職にとどまり、「解決策を見出すためには与野党が団結する必要がある」などと協力を呼びかけましたが、野党側は「現政権は腐敗している」として連携を拒否。市民の反発も強く、先月31日には大統領の自宅周辺で抗議デモがあり、政府は緊急事態宣言を発令しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。