森口尚史はゴッドハンド藤村新一よりもタチが悪い件について

 証拠一つロクに見せず、言い訳一つまともにできんのだから。つか、この人物、本当に「森口尚史」という「日本人」なの?。なんか、挙動が一々オカシ過ぎるんですけど。

iPS移植、主張を撤回 森口氏「分かりません」

 【ニューヨーク=黒沢潤】iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って初の臨床応用を行ったとする日本人研究者、森口尚史(ひさし)氏(48)は、滞在先の米ニューヨークで12日(現地時間)、記者団に対応。治療の有無や経緯について「分かりません」などと繰り返した。森口氏はこれまで、iPS細胞から心筋細胞を作り、米国で重い心不全患者6人に移植治療を行ったとしてきたが、事実上この主張を取り下げた格好だ。

 森口氏は「(頭の中を)整理できていない。何を話していいか分からない。話すのが下手でもあるし」と語った。

 治療の現場とされてきたハーバード大関連のマサチューセッツ総合病院は12日、治療が病院で実施された形跡は見つからず、研究の承認申請が倫理委員会に提出されたこともないとする声明を改めて発表、森口氏の主張を全面的に否定した。病院は、暫定承認を得たとする森口氏の主張も否定した。

 森口氏は病院側の声明について「(治療を実施したことは)間違いないが、確かめないと分からない」と述べ、明確に反論しなかった。

 森口氏は、日本にいる論文の共同研究者と間もなく連絡をとる予定だといい、「その後、きちんとみなさん(記者団)にお話ししたいと思っている」と主張。自らの研究に疑義が生じていることについて、詳細を明らかにすると説明した。

(10月13日 産経新聞)

 というのもね、ディプロマミルみたくすぐバレるレベルじゃなく、手の込んだ学歴ロンダリングついでに国籍をぼやかしている研究者って、結構いるのよ。事情は色々だけど。この森口っていう人も同じ匂いがするんだよなあ。

 ここで「インドがよろしくって・・・よ!」を紹介。


D

「じょしらく」、ほんと面白かったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です