東国原英夫が宮崎県知事に出戻ろうとしている件について

f:id:kagura-may:20121105204426j:image

 落ち目の維新を見限って、次の国政選挙に自民ブランドで出馬するには、宮崎県知事というポジションは、ちょうどいい出戻り&腰掛け先なんだろう。何をするつもりかは別として。

 といっても、「地盤レスな根無し草のコウモリ議員」の色を脱いて、「知事としての地盤を持つ有力地方議員候補」の色に染め直すには、政治経歴的にも、毛髪的にも、加工できる場所が少なすぎる。騙される有権者は、もういないと思うけどなあ。

東国原氏が県知事選立候補に意欲

 2015年1月20日に任期満了を迎える知事選に、元知事で衆院議員=日本維新の会、近畿比例=の東国原英夫氏(56)が立候補を検討していることが11日、分かった。県内の複数の関係者に意欲を伝えている。

(10月12日 宮崎日日新聞)

 3年後を待つまでも無く、維新は年内に旧「太陽の党」勢力を自民から引き抜かれて、そのままズルズル自壊が決定的だけどね。来年アタマからの通常国会を現体制で完走できたら御の字。そのまんま東じゃなくても、逃げたくなるって。

 ここで「【MMD】フェイト・T・ハラオウンがSweet Devilを踊るよ」を紹介。


D

フェイトそんの魅力は、やはり「おしり」一択だなと再認識した次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です