村上ファンド 日本脱出の真相語る

村上ファンドを率いる村上世彰氏は、投資ファンドそのものをすべてシンガポールに移し、家族とともに2006年5月16日、日本を脱出した。出国する直前、六本木ヒルズにある彼の事務所で会い、なぜ日本を脱出したのか、聞いた。

「日本では金儲けは悪いことのように言われる。企業家や投資家が住むところではないと思った」。

つまり、日本に愛想を尽かしたのだ。無能な経営者が企業を私物化し、投資家も文句は言わない、親しい会社同士が株を持ちあいして、外部からの批判を封じる。緊張感のない経営体質を株主として鋭く批判すると、あたかも銭の亡者のような非難を浴びる。日本は資本主義ではない、世界規模で起きている競争に勝てるわけはない。こんな日本で自分の子供を育てる気にはなれない、というのである。

彼は05年に4人目の子供が出来た。シンガポールで国際人に育てたい、という。なぜシンガポールかと聞くと、こんな答えが返ってきた。

「快適で合理的な国。国全体がホテルみたいなもので、外国人を差別しない。空港などインフラが整っているから、プライベートジェット機でどこにでも飛べる。当局は投資ファンドにも理解があり、積極的に誘致している」

(後略)

(JINビジネスニュース 2006/5/30)

 諸事思い通りにならなくて捨て台詞の一つも吐きたくなるのは分かるけど、貴方を批判している日本人が言っているのは、「金儲け=悪」じゃなく「貴方の投資・交渉手法=(小学生のように自己都合のみ優先する)稚拙な箱庭的資本主義の横車押し=悪」なので、そこのところ間違えないように。あと、「何処何処では何々なのに」という「でわのかみ」的主張は、日本でも欧米でも通用しないお子様理論なのでそこも勘違いしないように。商慣習も含めた現地・経済圏のルールに則ってストラテジィのカスタマイズを出来ず、信頼関係を構築できなかった人間が、投資業務だけならともかくビジネスのなんたるかをしたり顔で語らないで下さいね、と。

 てか、実態はともかくとして、「順法行為やってるのに批判されるのは訳わかめ」という人間は、思考はロジカルな人かもしれないけど単に「それだけ」の人なんですよね。意識的か無意識かはともかくも、社会を構成する一員としての自己認識・感度のレベルが低く、価値観の視野は狭い。そういう人間は資本主義の世界では生きられても、民主主義の世界では、多様な価値観の存在を無視・軽視する振る舞いをしている時点で、周囲から忌避されても文句は言えないでしょ。確かに、そのブリンカー付き競走馬みたいに「意識的に前しか見ない」独善的なキャラクターじゃないと、人並み以上の金儲けなんてできないだろうけどさ。

 もっとも、金儲けしている人間の大半は、そのへんのバランス感覚が取れているor取る事のメリットを知っているから、村上氏のように先鋭化しないし○○○と喧嘩もしないし社会の反発対象になっていないという事実も一方であるわけで。そのことを指摘されたら、彼はどう答えるんだろう。

 とりあえずアレだ。メディアを通じた泣き言吐き&捨て台詞はみっともないからやめようよ。大人気ない。あと、世間って元・官僚さんが思っているほど馬鹿じゃないから。往々にして単純ではあるけれど、それだけに最大公約数的には大抵正しい。

P.S.

 村上氏のコメントを見て「どっかで同じような主張を目にしたことあったよなあ」と思ってましたが、アレですね。鄭香均女史@公務員の国籍条項訴訟の逆ギレ会見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です