朝鮮総連ビルを落札したモンゴル企業は朝青龍の親戚筋な件について

 モンゴルの人からすると、ドルジというより、その親戚の国会議員殿の存在が大きいと思う。が、さて、実際のところはどうなんだろね。

f:id:kagura-may:20130623145118j:image

 それよりも、この実体レスなペーパーカンパニーが、どこから50億円なんてカネを都合するつもりだったのかが、気になるところ。うーん。胡散臭い。

朝鮮総連本部購入は「ビジネスだ」 モンゴルで社長会見

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物(東京都千代田区)の再入札で、最高額50億1千万円を提示したモンゴル企業「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」の社長が24日、同国で記者会見し、「入札にモンゴルや北朝鮮、日本の政府機関は関係ない。これは我々のビジネスだ」と強調した。同社が入札に関して、公の場で説明したのは初めて。

 モンゴルからの情報によると、同社のエルデネバト社長がウランバートル市内で記者会見。再入札に参加した理由について「我々の裏には誰も立っていない」と述べ、購入目的はあくまでもビジネスだと訴えた。

 一方、「北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会」(川添友幸代表)などが24日、東京地裁に対し、同社への売却を許可しないよう求める要請書を提出した。同社の活動実態が不透明だとして、「売却を認めれば、北朝鮮による日本人拉致問題などに悪い影響を及ぼす」と主張している。

 同社については、東京地裁が22日に落札を認めるかどうか決める予定だった。だが地裁は決定を延期し、買い手としての資格があるか審査を続行。同社が提出した法人登記簿などが正規のものかどうか、モンゴル大使館に照会中とみられる。地裁関係者によると審査では通常、営業実態などには踏み込まず、「法人として存在するかどうか」の確認が中心になるという。

(10月24日 朝日新聞)

 地裁の「法人として存在するかどうかの確認が中心」発言も、最初っから逃げに入ってるし。圧力、凄いんだろうなあ。

 ここで「【MMD艦これ】 進撃の艦娘OP 【MMD文化祭2013】」を紹介。


D

まったく、駆逐艦は最高だぜ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です