最後の最後まで「はやぶさ」は神がかりな子だった件について

f:id:kagura-may:20100615071623j:image

(C)JAXA

 美しい。まさにこれは奇跡だ。

小惑星探査機「はやぶさ」、最後に地球を撮影

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6月14日、小惑星探査機「はやぶさ」が最後に撮影した地球の写真を公開した。

試料回収カプセルを切り離すのが「はやぶさ」の最優先項目で、カメラも小惑星「イトカワ」を撮影した後、長い間電源が切られており、当初は写真撮影できないと思われていたが、「はやぶさ」は順調にカプセルを切り離し、姿勢を整え、本体底のカメラを起動し、地球の撮影に成功した。

この写真は「はやぶさ」と交信を終える約25分前、日本時間6月13日22時2分頃に撮影されたもの。写真の左上に地球を捉えているが、送信の最中に通信が途絶えたため、写真の下部が欠け、ノイズも残っている。

また、この写真以外にも数枚撮影されているが、ほとんど真っ黒で、何も写っていなかったという。

なお、「はやぶさ」の本体は日本時間6月13日22時51分頃、大気圏に再突入し、燃え尽きた。

(6月14日 sorae.jp)

<ニュース速報> 

日本の観測衛星「はやぶさ」が最後に撮影した写真が公開された。

大気圏突入直前の撮影で、画像中央に地球が写っている。

はやぶさはこの写真の撮影時点で、すでに表面温度が限界値を大きく超えており、

データ送信の途中で、交信が途絶えてしまった。そのため、画像の下部は写っていない。

「はやぶさが燃え尽きた後になって、観測室にデータが届いた。

撮影の段階ではやぶさは燃え始めていたはずで、なぜこのような画像を送れたのか信じられません(関係者)」   

  • 23:51

 ここで「Mahou Shoujo Nanoril!」を紹介。


D

久しぶりに「なのは」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です