早大・松本教授に論文データねつ造疑惑、学会が調査へ

 研究費の不正受給が問題になっている早稲田大学の松本和子教授の論文にデータねつ造の疑いが指摘されているとして、日本化学会は調査に乗り出すことを決めた。

 松本教授の研究を巡っては、早大当局が、2001年に米化学誌に掲載された論文にデータねつ造の疑いがあるとして、調査をすでに始めている。同学会の調査はこれを受けたもので、専門家による予備調査を行った上で、疑惑の真偽を審理する委員会を近く設置する。

 データねつ造の疑惑が持たれている米化学誌の論文は、金属元素テルビウムを含む「テルビウム錯体」と呼ばれる化合物を合成し、高感度の試薬として生体分析などに使うというもので、研究は中国人研究者と共同で行われた。

(読売新聞) – 6月29日

  • テルビウム:花言葉は「我儘な美人」。型式番号は「RX-78GP03」。…つい0083ネタをこじつけてみたくなった。今は反省している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です