岡田ジャパン、快勝で初陣を飾る!/W杯アジア3次予選

 ホームで雪空で相手主力2名欠場で…と、あんだけアドバンテージもらってたんだから勝って当然。むしろ、後半「やっと」サイド攻撃を認めるまで、相変わらず「特攻野郎チックに単調」な攻撃パターンに固執した岡ちゃんに猛省を期待する。

 6日、2010年W杯アジア3次予選第1節のタイ戦(埼玉・埼玉スタジアム)が行なわれ、日本が4対1で快勝し初陣を白星で飾った。次戦は3月26日、アウェーでのバーレーン戦。

 日本は21分、遠藤の直接FKで幸先よく先制したものの、直後の22分にティーラテープ・ウィノータイの同点弾を許し、1対1のタイスコアで前半を終える。しかし後半に入り54分に大久保が勝ち越しゴールを挙げると、66分には中澤、ロスタイムには巻が加点し4対1と圧勝。4大会連続のW杯出場に向け好スタートを切った。

 なお、W杯アジア3次予選の初戦を終えた日本は、2月17日に開幕する東アジアサッカー選手権大会(中国・重慶)に臨むことになる。

=以下、日本代表出場メンバー=

川口能活:内田篤人、中澤佑二、阿部勇樹、駒野友一、鈴木啓太、中村憲剛、遠藤保仁、山瀬功治(68分:巻誠一郎)、大久保嘉人(87分:羽生直剛)、高原直泰(81分:播戸竜二)

(2月6日 ISM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です