審判にキスでイエローカード!?

 サッカールール的にどうかは知らないけど、ノーマルなオッサン的にはレッドカードもんだろ(笑)>ほっぺに「chu♪」。

 現地時間23日、ブラジルで先週末に行なわれた試合中、審判にキスをした選手がイエローカードを受けるという珍事が起きていたことが分かった。ロイター通信が報じている。

 “事件”が起きたのは、カボフリエンセとボタフォゴの試合中だった。自身のプレーがファウルと判定されたカボフリエンセのDFクレベルソンは、審判の頬に軽くキスをした。すると、それまでとても友好的に応じていた審判の態度が豹変。テレビ映像では、クレベルソンにイエローカードを提示しながら、「私にキスをするんじゃない」と言ったように見えた。

 これに対して、当のクレベルソンは「それがルール違反になるなんて、知らなかったんだ」と話している。

(4月24日 ISM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です