実に悩ましい「全衆院議員メール盗み見事件」な件について

 盗み見られたメールの内容が、重要なら大問題。全然重要じゃ無かったら、それはそれで大問題。うーむ。

全議員のメール盗み見か 不正アクセス禁止法で告訴検討

 衆院議員のパソコンが外部からの攻撃でウイルス感染した問題で、衆院は14日、このパソコンが踏み台となり、全議員の受信メールが一時、盗み見されていた可能性があることを明らかにした。不正アクセスは中国のサイトなどを通じて行われたことも判明。衆院で告訴などを検討する。

 衆院側によると、議員のパソコンが新型ウイルスに感染したのは7月25日。このパソコンを踏み台に、サーバー4台が侵入を受け、全議員のIDやパスワード計2676件が盗み出されたとみられる。議員らのメールを管理する受信サーバーには8月24日~9月7日、外部から十数回にわたりアクセスされた痕跡があり、盗まれたIDなどで議員らになりすまし、メールを盗み見された可能性が高いという。攻撃は中国、シンガポールのサイトを通じて行われたが、現在は削除されているという。

(11月14日 産経新聞)

 それにしても、最初の感染から1カ月。その事実に気付かないって、国会の情報セキュリティって三流民間企業以下だな。

 ここで「【MAD】未来日記黙示録【H.O.T.D OPパロ】」を紹介。


D

これはもっと評価されるべき。ところで、蓮舫を茶化し過ぎた「銀魂」の該当エピソードが「仕分けされた」ってホントなの?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です