土曜ワイド劇場@テレ朝「ナサケの女Special~国税局査察官~」感想

  • 米倉涼子。あいかわらずあざとい胸元描写。だが、それがいい。
  • しかし、その上を行ったのが飯島直子。演技力ゼロを穴埋めるオッパイの存在感や良し。
  • 速水もこみちは、「演技しなければ観れる俳優in芸能界」双璧の一人のポジションを本作でもキープ。ちなみに双璧のもう一人は佐々木希。
  • 伊東四朗は「マルサの女」でも似たような役やってたねー。
  • 今回の主役は「金歯」。異論は認めるが、まあ、それでもいいじゃないか(笑)。
  • 今回は演出:田村直己、脚本:中園ミホ。裏のBSでやってた「トラ・トラ・トラ!」と同時進行で観ていたんで、全体の何割かは見逃しちゃったけど、それなりに面白かった。ただ、どっちかって言うと、脚本がアレな分をキャストの力(一部を除く)がヘッジした結果なのが、課題と言っちゃ課題かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です