北朝鮮のミサイル発射は失敗だった件について

 2009年4月5日午前11時32分、北朝鮮は同国北東部・舞水端里の発射基地から長距離弾道ミサイルとみられる3段ロケットの「飛翔体」を発射。同11時37分、第1段ロケットが、秋田県の西約280キロの日本海にほぼ予定通り落下。しかし、第2段ロケットの切り離しに失敗。第3段ロケットもろとも、日本の東約1,270キロの太平洋上に落下したと推測されるとのこと。

 北朝鮮はいつものように「衛星・光明星2号打ち上げ成功」「同衛星からは金日成将軍の歌&金正日将軍の歌と測定データを送ってきている」と公式発表していますが、それはいつものようにスルーするのが得策でしょう。精神衛生上も。

 それはさておき、今回の「飛翔体」がテポドン2号の改良型弾道ミサイルか、それとも本当に人工衛星打ち上げロケットだったのかは、今のところ一応闇の中です。が、海中への落下が「技術的失敗の帰結」であったとしたら、その落下ポイントは日本国内だった可能性もある訳です。今回、ミサイル防衛システムによる迎撃は行われませんでしたが、運命の神様の匙加減一つで「迎撃しなければならない局面」があったかもしれない。実際に迎撃ミサイルの発射ボタンを押さずに済んだのは、僥倖と言っていいのではないでしょうか。

 我々日本人は、その僥倖がいつも起きる訳ではないことを、もっと強く意識すべきです。自分の身は自分で守る。このごく当たり前のことに、もっと意を置くべきです。今回の北朝鮮の打ち上げは、それが上記のような完璧な失敗であれ、一部の目的・技術的に成功したものであれ、日本国民にそういった「今そこにある危機」への意識を一層高めることになりました。

 そして、その意識の高まりは、戦後60年眠っていた日本のナショナリズム、アイデンティティ復活の萌芽となりうるものです。その意味で、日本及び国際世論を封じ込めるに足る「完全な成功」を収められなかった北朝鮮のミサイル発射実験は、大失敗だったと言っていいでしょう。

   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、xxxxノ    ヾ、xxxxxx,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

 「ただ、北朝鮮の保有戦力で意識すべきは、テポドンよりもノドン。想定すべき攻撃は、北朝鮮正規軍による渡海侵攻よりも日本国内潜伏中の○○○による破壊工作」

 特に後者のような「爆弾」を内包したままでの軌道修正は、「爆弾」の作動を促すため非常に危ういです。今回の騒動を契機に、公安当局による国内テロ組織&関係者への監視は相当強められていると聞いていますが…まさに、本当の戦いはこれからだ!ですね。

今日の一銘柄

  • 日本電産トーソク(7728):日本電産系。車部品は日産中心。計測機器、半導体組み立て装置も。車部品の海外生産比率9割。自動車関連銘柄、そろそろ回復の時!。4/3日終値は前日比2円高の712円。4月第4週中の目標株価800円。向こう半年間の目標株1,000円。

 ここで脈絡アリアリで「[MAD] Suzumiya Haruhi-chan no Yuuutsu – Paradise Lost」を再紹介。


D

「涼宮ハルヒの憂鬱」再放送より「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の新作に惹かれるのは間違ってないよね?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です