前田敦子のAKB48「脱退」ないし「脱出」は、AKBブーム終焉の嚆矢となるか?

 是非そうあって欲しいものですが、さて。とりあえず、おニャン子の時もそうだったが、見切る時は早いからなあ。秋元康は。そして取り残されるのは貢ぎつくして茫然自失のファンだけと。

 20数年前と同じ情景がこの平成の世に繰り広げられる可能性に100カノッサ。当たったところで、今更誰も幸せにならない予想ですがね。

前田敦子さんがAKB卒業を発表

 人気グループ「AKB48」の前田敦子さん(20)が25日、さいたまスーパーアリーナで開催したコンサートで、グループを卒業することを発表した。

 ステージ上、「14歳の時、AKB48のオーディションを受けました。私の人生の中で大きな決断でした。2度目の決断をさせてください」と切り出し、「私、前田敦子はAKB48を卒業します」「20歳の夢に向かって歩きだします」と卒業を涙ながらに発表した。

 「今すぐいなくなってしまう訳ではありません。詳しいことが決まったら、お伝えします」とも話した。

 前田さんはAKB48のオープニングメンバーで、09年の総選挙で1位に。10年は大島優子さんに敗れて2位に甘んじたものの、昨年は1位に返り咲くなど、中心メンバーとして活躍してきた。

 「あっちゃん」の愛称で親しまれ、ドラマ出演など、ソロ活動も目立っていた。

 関係者によると、会見などの予定は決まっていないという。

(3月25日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です