別に同性愛者だからって、手当たり次第に同僚のケツを狙うわけじゃない

 別にいいやんと思いますがね。同性愛者を軍隊に入れても。軍人さんなんだから、いざとなれば自力で「その場」から脱出もできようし。古代ギリシャの神聖隊じゃないけど、同性愛者の愛の力が部隊の戦闘力に上乗せされるのなら、軍としてはむしろ儲けものかと。通常の隊より、痔の治療代が余分にかかる可能性はありますが。

 その意味じゃ、被害者の逃げ場や抵抗の手段が限られている小中学校で、ロリコンを先生にし続ける方が問題あると思いますな。アメリカはどうか知りませんが、日本じゃ事件が起きるまでそういったロリコン先生をパージする方法がほとんど皆無ってのは、いかがなものか。

同性愛者の入隊規制撤廃可決=大統領公約実現へ―米議会

【ワシントン時事】米上院は18日、同性愛者の軍務禁止規定を撤廃する法案を採決し、賛成65、反対31で可決した。下院は既に可決しており、オバマ大統領の署名を経て数日中に成立する。施行後は、同性愛者であることを公言して、軍務に就ける。

 規制は差別的だとして、撤廃を公約にしていたオバマ大統領は「もはや愛国者が、国に奉仕するために偽りの生活をするよう強いられることはない」と歓迎する声明を出した。

 撤廃法案は施行に関して、現場の規律や即応体制に影響が出ないよう成立後、国防総省に必要な措置を研究し、議会に報告することを義務付けるなど準備期間を設けている。 

(12月19日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です