俳優の仲谷昇さんが死去

 演劇集団円の代表で、俳優の仲谷昇(なかや・のぼる、本名・仲谷昇流=なかや・のぼる)さんが、16日午前7時22分、死去した。77歳。葬儀は近親者のみで行い、後日、劇団葬を行う予定。喪主は未定。

 東京生まれ。1950年に文学座に入り、翌年、「武蔵野夫人」で初舞台。63年に芥川比呂志さんとともに同座を脱退して、劇団雲を設立した。75年には演劇集団円の創立に参加した。

 映画でも「にごりえ」「砂の上の植物群」「悪魔が来りて笛を吹く」などに出演。きまじめな役柄で、テレビドラマなどでも確かな存在感を示した。54年に女優の岸田今日子さんと結婚したが、77年に離婚した。

(読売新聞) – 11月17日

 90-91年。「カノッサの屈辱」と「もう誰も愛さない」がお気に入りでした。合掌。

カノッサの屈辱

カノッサの屈辱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です