何処の世界にも手前勝手な無神経はいるもんだな件について

 この記事でもそうだけど、この手のトラブルの根底は、年齢や門地、人種じゃないんだよな。個人的な品性の問題。

NYフィルの公演中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断

 ニューヨーク(CNN) 米名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートの最中に観客の携帯電話が鳴り響き、指揮者が演奏をストップするハプニングがあった。

 観客席で携帯電話が鳴ったのは、10日夜に同オーケストラがマンハッタンで行った公演でマーラーの交響曲第9番を演奏している最中だった。会場にいた観客がツイッターやブログで伝えた話を総合すると、交響曲は最後のクライマックスを過ぎて「音楽と静寂が入り混じる」極めて繊細な場面。タイミングは最悪だったという。

 鳴っていたのはステージ左型の最前列に座っていた高齢の男性の携帯電話だったが、この男性は身じろぎもせず、マリンバの音の着信音は3~4分あまりも鳴り続けたという。

 音に気付いた指揮者のアラン・ギルバート氏は手を止めて演奏を中断。会場には着信音だけが響き渡った。ギルバート氏は持ち主に向かって「終わりましたか?」と尋ねたが、返事がなかったため「結構です、待ちましょう」と言い、指揮棒を譜面台の上に置いた。着信音はさらに何度か続いた後、ようやく鳴りやんだという。

 苛立った観客からは「1000ドルの罰金だ」「そいつを追い出せ」と叫ぶ声も上がったが、大半の観客の「シーッ」といさめる声に制された。

 ギルバート氏は「通常であれば、このような妨害があっても止めない方がいいのですが、今回はひどすぎました」と断った後に、オーケストラの方を向き、「118番」と指示して演奏を再開。観客からは拍手が上がった。

 同氏はニューヨーク・タイムズ紙に「非常にショッキングな出来事だった。あの作品の中でも崇高な感情が高ぶる部分で、乱暴にたたき起こされたようなものだ。壇上の全員ががく然とした」とコメントしている。

(1月13日 CNN.co.jp)

 この高齢男性とやらも、あまりのことに思考停止しての無反応だったのかも知れないが、それはそれで当人の器量不足と言うか、少なくとも相応のペナルティは自主的に負わざるを得まいよ。

 ここで「【MMD】 スイートマジック東方」を紹介。


D

何と言う「胸囲の格差社会」。だが、それがいい。加えて、「名探偵だぞえ 曉美ちゃん 其の二」もご紹介。こちらはこっそり「あんさや」が幸せそうで嬉しい芸コマMAD。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です