今夏の「鳥人間コンテスト」中止=読売テレビ

 テレビ局からすれば、ただの1コンテンツなのかも知れないけど、理系学生・教育機関や技術系企業では、自分たちの研究結果を公にアピールできる数少ない場であっただけに、この判断は非常に残念。

 ぶっちゃけた話、削る方向間違ってるような気がするがなあ>制作費。どうでもいい内輪受け系のバラエティ何本か削って、こっちを生き残らせるという選択肢はなかったんだろうか?。まあ、芸能事務所との関係(というかシガラミ)で無理な話なんだろうけど、事情をIRの際にでも説明すれば、長期的に見て視聴者の支持を得るのは、「鳥人間コンテスト継続」の判断だと思うがな。

 読売テレビは16日、今夏の「鳥人間コンテスト」を休止すると発表した。経済状況の悪化による番組制作費の見直しの一環で、来年はこれまで通りに開催する予定。

 手作り機による飛行距離などを競う同コンテストは、1977年から毎年夏に滋賀県・琵琶湖畔で開催。当初は滑空機による競技だったが、テレビ放送が人気を集め、人力プロペラ機など複数部門に拡充されていた。

(1月16日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です