今の名球会には大沢親分のような好人物こそが必要な件について

 指導者・OBとなって以降の球界への貢献度が並みではない活動家にして博打打ち。同時に古き良き義理と人情を併せ持つ、余人をもって代えがたい御仁でした。心より合掌。

元日本ハム監督の大沢啓二さんが死去 胆嚢がん 78歳 “親分”“ご意見番”と

 「大沢親分」の愛称で親しまれ、元日本ハム、ロッテの監督で、野球評論家の大沢啓二さんが7日午前7時25分、胆嚢(たんのう)がんのため死去した。78歳。

 大沢さんは神奈川県藤沢市生まれ。神奈川商工高でエースとして夏の甲子園に出場。立教大では強肩強打の外野手として後輩の長嶋茂雄、杉浦忠らとともに活躍した。昭和31年に南海(現ソフトバンク)に入団。リーグ優勝3度、うち日本一を2度経験した。杉浦が巨人相手に4連投4連勝した34年日本シリーズでは好守備で日本一に貢献した。35年に東京(現千葉ロッテ)に移籍。通算打率は2割4分1厘、17本塁打だった。

 46年途中からロッテ監督。51年から日本ハム監督となり、56年に球団初のリーグ優勝を果たした。その後、日本ハム球団常務を経て平成5年に再び監督に復帰。2年間指揮を執った。監督通算725勝723敗99分け。

 全国野球振興会名誉会長、元理事長。TBS系テレビ番組「朝ズバッ」や「サンデーモーニング」でコメンテーターを務め、「あっぱれ」「喝」を決めぜりふにした歯に衣着せぬご意見番として人気を博した。タレントの大沢あかねさんは孫。

(10月7日 産経新聞)

 ここで「最萌2010八强MAD 2010最萌大赛」を紹介。


D

中国の最萌ファン多謝。さあ、明日から遂に決勝トーナメント開始>アニメ最萌2010。残る試合は7つのみ。最後に立っているのはいったい誰だ!?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です