今こそ勝機

昭和電工、カーボンナノチューブを大分コンビナートで量産へ

新日石、GSカルテックスと提携—キャパシタ電極用炭素材事業

世界最大級のリチウムイオン電池工場、パナソニックが着工

 今後更に産業界における重要性と存在感を増すであろう、リチウムイオン二次電池と電気二重層キャパシタ。そしてそれらの性能アップに繋がるカーボンナノチューブ。

 数年後、この3つのニュースを誇らしげに振り返る日が訪れることを祈って、記事のリンク先をここに残します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です