事故と犯罪を問わず大問題な小田原シアン汚染な件について

 事故なら、汚染源の企業や施設には、構造的欠陥の捜査を「前科も含めて」徹底的に行う必要あり。犯罪なら、「第二幕」が何時か何処かで起こる可能性あり。

f:id:kagura-may:20140111110209j:image

 長期化以外のオチが見つからないね…>事態解決。

小田原・魚大量死、毒性強いシアン化合物が検出/神奈川

 小田原市西酒匂の鬼柳排水路と下菊川の合流点付近で、7日に魚の大量死が確認された問題で、県が精密水質調査を行った結果、毒性の強いシアン化合物が検出された。県と市は8日も現場で調査したが、未検出だった。

 県西地域県政総合センターによると、シアン化合物は環境基準では検出されない物質。7日に排水路で採取した水を分析した結果、1リットル当たり0・1ミリグラム検出された。周辺住民への健康被害などは確認されていないという。

 シアン化合物はメッキなど金属加工に使用される場合があり、県と市は流出原因や経路を引き続き調べる。

(2月9日 カナロコ)

 ともあれ、世にトラブルの種は尽きまじ。プーチン大統領も、ソチ五輪開会式「四輪」の責任者に温情を…と、思っていたら、どうやら手遅れらしい。ああ、やっぱり、おそロシア。

 ここで「俺の千棘がこんなに可愛いわけがない」を紹介。


D

寒さが緩んだおかげか、今日は体調が良い。このまま一日が終われば良いのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です