中国国際航空爆破脅迫で出頭の男、自首扱いとせず逮捕

 警視庁愛宕署、ナイス処置>自首扱いとせず逮捕。

 東京都港区の中国国際航空東京支店に8日、航空機の爆破を予告する電子メールが送りつけられた事件で、警視庁愛宕署は10日、在日韓国人で横浜市港北区綱島東5、会社員李賢史容疑者(33)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。

 発表によると、李容疑者は8日午後0時50分ごろ、同支店に対し、「ただちにすべての航空機の運航を停止せよ。さもなくば航空機を爆破、オリンピック会場に墜落させる」などと日本語の脅迫メールを送信し、同支店の業務を妨害した疑い。

 李容疑者は10日未明になって神奈川県警港北署に「自分でやった」と出頭してきたが、警視庁愛宕署は、これまでの捜査で李容疑者が事件に関与したとの疑いを強めていたため、自首扱いとはしなかった。

(8月10 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です