中国の大気汚染の影響について、福岡県が独自観測開始 ~ 中国は全土の1/4がスモッグで覆われ済み

 マジ、九州・西日本の汚染被害はシャレにならんて。高度経済成長期に日本でも起きた光化学スモッグ公害の比じゃないぞ。

 でも、北京政府は一切責任取る気は無いんだろうな。その鉄壁な厚顔ぶりにだけは、ぶっちゃけ感心するわ。

<中国大気汚染>福岡県が県内10カ所で観測、結果を公表へ

 深刻化している中国の大気汚染の影響が懸念されるとして福岡県は4日、呼吸器疾患などへの悪影響が指摘される微小粒子状物質「PM2.5」について同県内10カ所で観測を始め、5日から県ホームページで結果公表を始めると発表した。

 PM2.5は直径が2.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の微粒子で車の排ガスなどに含まれ、中国の大気汚染の要因とされる。中国に地理的に近い同県では毎年、黄砂の飛来などが確認されており、同県環境保全課は「正確な情報を提供し、汚染状況を解析したい」としている。

 同県は1月に自動観測機を宗像、糸島など8市2町に整備。データはホームページの「環境」分野からアクセスできる。

 同県内では福岡市や北九州市が既に独自にデータを測定し、公表している。【林田雅浩】

(2月4日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です