上杉忠弘氏って誰だっけ?

 と、思っていましたらば、手元にこの本がありました。さらに思い返してみれば、本書に限らず、神楽は仕事でも彼の作品やデザインを結構目にしてきてきたような…失礼致しました(^^;。改めて、アニー賞受賞おめでとうございます>上杉さん。

アニメ界のアカデミー賞アニー賞が決定!『カールじいさんの空飛ぶ家』が作品賞と監督賞

 国際アニメーション協会(ASIFA)が主催するアニメ界のアカデミー賞といわれるアニー賞が発表され、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』が作品賞(アニメ賞)と監督賞の2冠に輝いた。日本からは『崖の上のポニョ』で宮崎駿監督が監督賞に、久石譲が音楽賞にノミネートされていたが惜しくも受賞はならなかったが『コララインとボタンの魔女』の上杉忠弘が見事、美術賞の栄光に輝いた。『カールじいさんの空飛ぶ家』は第82回アカデミー賞でも作品賞と長編アニメ賞の両方にノミネートされるなど、映画史においてアニメ過去最高ともいえる高い評価を受けている。

主な受賞作は以下のとおり。

作品賞(アニメ賞) 『カールじいさんの空飛ぶ家』

監督賞 ピーター・ドクター『カールじいさんの空飛ぶ家』

脚本賞 ウェス・アンダーソン、ノア・バウムバック『ファンタスティック・ミスター・フォックス』(原題)

視覚効果賞 ジェームズ・マンスフィールド『プリンセスと魔法のキス』

音楽賞 ブリュノ・クーレ『コララインとボタンの魔女 3D』

キャラクター・アニメ賞  アンドレアス・デジャ『プリンセスと魔法のキス』

美術賞 上杉忠弘 『コララインとボタンの魔女』

絵コンテ賞 トム・オーウェン『モンスターVSエイリアン』

ボイス・キャスト賞 ジョン・コーディ『プリンセスと魔法のキス』

(2月7日 シネマトゥデイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です