三木谷浩史@楽天が、産業競争力会議議員の辞意撤回

三木谷浩史@楽天は、公職から逃げる時に「他人のせい」にする悪癖を治せ(2013/11/6)

「楽天市場」、日本シリーズ優勝セールで不当な価格表示(2013/11/7)

 適当な言い訳かましながら、大きな顔してトンズラしようとしたら、優勝シリーズセールで下手うって、辞める大義名分の格好が付かなくなったもんだから、安倍総理に腹を見せて「キャン」と降参。

f:id:kagura-may:20131017193001j:image

「すこぶる、みっともないね」

 あとは、竹中平蔵だな。こいつが適当に転んでくれると、色々やりやすいんだが・・・小さな目で辺りをよく見てるんだよなあ。あの御用学者。なかなか、自爆してくれない。こういうタイプが、なんだかんだと人類滅亡の瞬間まで生き延びてたりするんだろーなーと、傍で見ていて思うわ。

競争力会議議員の辞意撤回=検討会新設と首相慰留で―楽天・三木谷氏

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は18日、安倍晋三首相と首相官邸で会談し、産業競争力会議(議長・安倍首相)の民間議員を辞任するとの意向を撤回した。三木谷氏が会談後、記者団に明らかにした。

 インターネット販売全般の条件などを議論する検討会を官邸主導で新設することになったほか、首相から「引き続き改革を競争力会議の中で進めてほしい」と慰留され、翻意した。

 三木谷氏は医薬品をはじめ教育や医療サービスなどネット販売の規制撤廃、完全自由化を持論とし、一般用医薬品(市販薬)のネット販売を一部規制する政府方針に反発して6日記者会見を開き、辞任の意向を表明していた。 

(11月18日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です