ボチボチなスタートだったサッカー・ロンドン五輪予選な件について

 攻撃陣は「もっと点取れたよね?」と贅沢なツッコミを言える位の出来。特に清武、原口、濱田の動きについては、文句無しの◎。大迫その他大半も及第点以上。

 であるが故に、アウェイゴールの事を考えると、余計な失点1が悔やまれる。次は「中東の笛」が待つアウェイ戦。何が起こるかor何をされるか分からない。幸い次は永井も復活してくるだろうし、得失点差なんてことは考えずに、キッチリ勝って最終予選にコマを進めて欲しいところです。

U-22日本、清武らのゴールでクウェート下す 2点差で第2戦へ/五輪予選

 2012年ロンドン五輪・アジア2次予選は19日、愛知・豊田スタジアムでファーストレグの試合が行なわれ、U-22日本代表はホームでU-22クウェート代表に3対1で勝利した。

 積極的な立ち上がりをみせた日本は、序盤から立て続けにチャンスを迎えると、迎えた18分には比嘉祐介のクロスに清武弘嗣が頭から飛び込んで先制弾。さらに37分にはCKに濱田水輝がヘディングで合わせ、2対0で前半を折り返す。

 後半、日本は61分に大迫勇也が鋭いシュートを突き刺し3点差とするが、このあと中盤が間延びし、試合は撃ち合いの様相を呈し始める。すると68分、日本はクリアが甘くなったところをジャゼアに決められ、痛いアウェイゴールを喫してしまう。

 ホームでのファーストレグで勝負を決めてしまいたい日本は終盤、途中出場の原口元気が華麗なドリブル突破を披露。しかし、2度のチャンスをつくり出しながらも、いずれも決め切ることができず、2点差のままセカンドレグへと折り返すこととなった。

 なお、敵地でのセカンドレグは現地時間23日に行なわれる。

(6月18日 ISM)

 ちなみに、原口個人は好調を維持しているけど、所属チーム・浦和レッズは昨日も負けてこれで公式戦9戦勝ち星無し。なんか1999年の悪夢再び…って感じがして堪らんのですが。もし次節のアビスパ戦も落とすようなら、ペトロヴィッチ監督の首一つ云々するレベルじゃない大ナタの一つも振るわんと、シャレにならんシーズンになりそうだ。

 ここで「【MAD】魔法少女まどか☆マギカ【デュラララ!!OPパロ】」を紹介。


D

そういや岸田隆宏繋がりなんだね。この2作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です