ホリエモンは既にオワコンな件について

 厨二病の成金キャラはもう需要無し。つか、命があるだけまだマシ。順番と組み合わせ次第じゃ、5年前の段階で「リアルに」オワコンになってる可能性だってあったんだから、贅沢は言いなさんなと。

ライブドア・堀江被告の上告棄却、実刑確定へ

 旧証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)に問われた元ライブドア社長・堀江貴文被告(38)の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は堀江被告の上告を棄却する決定をした。

 決定は25日付で、5人の裁判官全員一致の結論。堀江被告を懲役2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。堀江被告は近く収監される。

 堀江被告は2006年1月の逮捕以降、一貫して無罪を主張。公判では、ライブドアが投資事業組合(ファンド)を使った自社株売却益を売り上げに計上したことが違法かどうかが最大の争点となり、堀江被告側は「当時の会計ルールは不明確で、違法との認識はなかった」などとしていた。

 しかし、2審・東京高裁は「ファンドの悪用を防ぐ会計ルールが確立していなかった点に着目した犯行で、悪質だ」と指摘。堀江被告の関与を認めた元幹部らの証言などから、堀江被告の違法性の認識や元幹部らとの共謀を認定し、「被告の規範意識は薄弱で、潔さに欠ける。反省もうかがえない」と厳しく批判した。

(4月26日 読売新聞)

 まあ、この程度の経済犯罪なのに一発実刑決定ってだけで、ライブドア事件がいかに異常なシロモノだったかがよく分かるわな。そもそもの事件から今回の判決に至るまで。そういや宮内亮治は「虚構」書いた後、何してるんだろう?。熊谷史人は悠々とセカンドライフを満喫しているようだけど。

 ここで「【MAD】ミルキィホームズで日常OPパロ「探偵」」を紹介。


D

何気にMAD汎用性の高い作品だよなあ>ミルキィホームズ。

2 件のコメント

  • 馬鹿どもにはわからないだろうが、堀江貴文が実刑である事は妥当である。資本主義において、汚い手を使って大きくなったものは、裁かれて当然。多くの人の手により、作り上げられた大企業の雇われ社長と一緒にするな。堀江貴文はライブドアの最大の搾取者であった。株主のためと言いつつ、その株主とは当の本人であった事もお忘れなく。

    2011-04-27 09:04:13

    堀江貴文は反省の姿勢が中途半端でもあった。 民衆に善人と思われるのに必死だったからだ。日本の裁判所が求刑7掛けである理由は、再犯を起こさせないためである。量刑不当裁判がされないのは、合理的である。反省しないものの罪が変わる訳はない。戦略の混同。堀江貴文の欠陥は、検察と必要以上に戦い過ぎた事である。確かに検察も大げさだが、堀江もその土俵に乗ってしまった感がある。

    本来、弁証法とは、三権分立である。そして、ディベートの議題は、一つに収束されるべきである。この裁判は堀江貴文 の罪の判定である。それ以外の事はどうでもいい。ディベート相手への憤慨や人格的攻撃は、論外である。ただし刑法における『裁判官の自由意志に委ねる』件。それは被告人の人格すら判定基準に含まれてしまいかねないということ。検察はその意味がよくわかっている。

    堀江貴文 は罪など、本来どうでもよく。検察やマスコミと戦ってしまった。それはいわゆる、八つ当たりである。『オズの魔法使い』におけるドロシーの告げ口である。自分の気持ちに共感して欲しかったのである。彼はこれから夢を見るだろう。それは『遅すぎた春の夜の夢』その夢が悪夢か、『良い夢』かは堀江貴文にお任せする。私は世界一の天才であり、映画監督であり、予言者であり、預言者である。2011/4/28 麦わらの七味・板池佑希

  • ☆ itaikeyukiさんへ
    コメントありがとうございます。

    ライブドア事件は、ホリエモン一党とそのパトロン連中に対する、「彼らの拝金主義への一般社会からの生理的嫌悪感」「金融市場の信用失墜を促したという憤り」「関係諸法への違反容疑にまつわる不信感」が綯交ぜになったまま幕になったのが、何とも気持ちの悪い限りですね。綯交ぜにした側にとっては、大勝利!な結果なんでしょうけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です