フェイスブック株の「不発」は想定通りな件について

 NYSEだけじゃなく今の世界的な株式市場全体の低迷から見ても、そんな中での調達額161億ドルは想定範囲内一杯だという点から判断しても、そして、そんな無茶ぶりIPOを強行する「収益モデルが脆弱な期待先行銘柄」への投資家の幻想は、9割がたとうの昔に消え去っていることから考えても。

 銘柄的には長くないね。ここも。

Facebook、ナスダックに上場するも終値はわずか0.6%の上昇

 米Facebookは18日(現地時間)、ナスダック市場に上場した。初日の取引を終え、市場からの調達額は161億ドル、株式時価総額は1046億ドルという歴史的な上場となった。

 Facebookの株は上場の直前に株式上場申請文書を変更し、予想されていたよりも高い38ドルで公開された。初値はそれを10%上回る42ドルまで上昇し、その後も45ドルまで上昇して順調な滑り出しを見せた。しかし、その後は下がり続け、終値は38ドル23セントと、わずか0.6%の上昇にとどまった。

 高騰すると見られていた株価が公開価格と同程度の終値に落ち着いたのは、公開価格自体がかなり高価だったことや、公開の直前に公開株式数を引き上げたことが影響したものとみられる。しかし、それでも調達額160億ドルはIT系企業として飛び抜けた金額。これまでの最高額は2004年に公開したGoogleの19億ドルなので、その8倍以上となる。

 時価総額も1046億ドル(8兆2700億円)と極めて高額。これは小売り大手のアマゾンに匹敵する金額だ。ちなみに、主な日本企業の時価総額を挙げると、トヨタ自動車が10兆4500億円、NTTドコモが5兆5700億円、三菱UFKフィナンシャル・グループが4兆8000億円など。

(5月19日 RBB TODAY)

 IT、バイオ系がさっさとコケて、環境系は立ち上がりもしない日本側の人間が、偉そうなことを言えた義理じゃないけどさ。

 ここで「[MAD] ↑↑↓↓←→←→【All GAINAX 2】」を紹介。


D

ガイナ作品にハマっていた昔に戻りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です