ハウステンボスに見るNPFとHISの違いな件について

 片や、カネを突っ込んだはいいがなす術なく赤字を垂れ流した、野村系VC。片や、そのVCから不良債権を押し付けられたと思っていたら、あっという間に立て直した新興系旅行会社。

 何がそんなに違ったのか?関係者の本気度?株屋と事業会社の差?経営者の怖さの差?うーん。わからん。

ハウステンボス、14年9月で再建完了へ 業績好調

 経営再建中のテーマパーク・ハウステンボス(長崎県佐世保市)は16日、計画を5年前倒しして2014年9月期で再建を完了させると発表した。過去最高益を更新するなど好業績を受けたもので、10年度から10年間にわたって受け取る予定だった佐世保市の再生支援交付金(計73億円)を5年で終了し、残りは返上する。

 沢田秀雄社長が16日の記者会見で表明した。「今期(14年9月期)までは交付金をいただくが、それ以降はいただかなくてもやっていける」と述べ、来年3月の定例市議会にあわせ、市側に返上を伝えるという。

 ハウステンボスは10年4月から大手旅行会社エイチ・アイ・エス(東京)傘下で再建を進めてきた。佐世保市は再建を助けるため、固定資産税と都市計画税に相当する年約7億円を、10年間支給することを決めていた。

(12月16日 朝日新聞)

 「脱オランダ」戦略の採用云々くらいの話じゃないよなあ。ホント、何が決め手だったんだろなー?。お父さん向けの「脱ナントカ」が決め手だったと言われたら分かるんだけど、違うんだよな。残念なことに。

f:id:kagura-may:20130711225038j:image

 ここで「うどんげと罪袋たちによる現実的弾幕ごっこ」を紹介。


D

おっぱいとサバゲーのシナジー効果。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です